エーデルワイスBLOG

エーデルワイスが大好き♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の芦ノ湖音楽祭2008

【8月9日】

夏の芦ノ湖音楽祭2008は8月1日(金)?8月9日(土)まで
箱根プリンスホテル 神山コテージ・ロッジ お休み処で行われました。

私達は最終日8月9日(土)に行ってきました。

ダニエル・ゲーデ(ヴァイオリン)
カール・ズスケ(ヴィオラ)
ユルンヤーコブ・ティム(チェロ)
菅原政彦(コントラバス)
後藤 泉(ピアノ)
シューベルト:ピアノ五重奏曲「ます」ほか

2009092981.jpg
ピアニストの後藤 泉さん、最後の練習中。

2008092986.jpg
会場は木立の中にある素敵な建物でした。

《オフィス設計コンサート》

最初に林屋総合研究所の社主 林屋克三郎氏のご挨拶

◆最近の青少年はどうなってしまったのか???
太陽が昇ったら、起き、働き、太陽が沈んだら眠る

最近はみんな、生活のリズムがくるい、
心に落ち着きがなくなってしまっている。

『クラック音楽を聴いて人間の本能を呼び覚まそう!』

ゲーム機の音ではなく、子供にクラッシック音楽を!!!

今回も多くの夏休み中のお子さん達が
クラッシック音楽を聴きにいらしていました。


◆演奏者のダニエル・ゲーテ氏(ヴァイオリン)のお話

ダニエル・ゲーテ氏は20代で有名なウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の
コンサートマスターになられました。
20代でウィーン・フィルのコンサートマスターになるということは凄い事だそうです。
その後、彼は中国人の女性と結婚し、お子さんが生まれました。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は忙しいので
なかなか家に帰れないことが多かったそうです。。。

ある日家に帰ったら、しばかく帰っていなかったので
子供がドイツ語が話せなくなってしまっていたそうです。

「これでは、いけない!」と思った彼は
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を辞めたそうです。

家族の為にウィーン・フィルのコンサートマスター辞める。。。
愛情いっぱいの凄い人なんだ?☆


゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜ ゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜


演奏の最初のダニエル・ゲーテ氏のヴァイオリンの音色
今まで聞いたことのない、凄く優しい音色?♪
感動でじ??んとしてしまいました。

素晴らしい演奏でした。

「ブラボー!」の連続で大拍手でした。

゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜ ゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜


コンサート後に主人と演奏家の方達にお礼を言い
全員の方と握手とサインをして頂くことが出来ました。

ダニエル・ゲーテ氏、笑顔の中に沢山の優しさが・・・・・・・・
本当に素敵な方でした。
(一番左りの方です)
2008092987.jpg

たしかに、クラッシック音楽は心が癒される?

翌朝鏡を見たら、肌ツルツルでした。

お肌にも心にも良いクラッシック?

このコンサートに知人のクラッシック大好きなご夫婦もいらっしゃってました。
なんとお二人は8月1日(金)?8月9日(土)まで
全部のコンサートを楽しまれたそうです。

私達も来年も《夏の芦ノ湖音楽祭》に行きたい!と思っています。

皆さんもお子様とご一緒に夏の箱根のコンサートにいらしてください。
箱根プリンスホテルで当日券、販売されていました。

神山コテージ・ロッジには以前は船で移動していたそうなのですが・・・・・・・
今年はマイクロバスでした。
プリンスさん、是非来年は船の運航を考えてほしいです

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。